cast&Staff

  • ドクス 父との約束を果たすため、ただ家族のために生きた

    “父さん、約束は果たしたよ。でも・・・本当につらかった。”

    朝鮮戦争当時、離れ離れになってしまった父の代わりに母と弟妹の面倒をみて生きて来たドクスは、弟の大学の授業料を工面するために西ドイツのハンボルン鉱山に炭鉱員として志願し向かう。そこで初恋であり永遠の伴侶となるヨンジャに出会う。妹クッスンの結婚資金を工面するために、今度は戦争真最中のベトナムに飛ぶ。激動の時代を父親として、誰よりも苦労し懸命に生きた。
  • ファン・ジョンミン

    1970年9月1日生まれ。舞台などで活動後『ワイキキ・ブラザース』(01)で注目を受ける。以後、順調に映画界で活躍し続け、2005年の『ユア・マイ・サンシャイン』で一人の女性だけを愛する純粋な男ソクチュンを演じ、青龍映画賞で主演男優賞を受賞し演技俳優として実力を示した。その後も、『甘い生活』(05)『生き残るための3つの取引』(10)『ダンシング・クィーン』(12)などダーティな役から、コミカルな演技まで演技の幅は留まることを知らない。本作では、家の大黒柱となる家長として熾烈に生きて来たドクスを演じ、20代から70代まで一人の男の人生を観客に見せてくれる。

    filmography

    【映画】 『傷だらけのふたり』(2014)『新しき世界』『フィスト・オブ・レジェンド』(2013)『ダンシング・クィーン』(2012)『裏切りの陰謀』『平壌城』(2011)『生き残るための3つの取引』『雲を抜けた月のように』(2010)『オガムド~五感度~』(2009)『星から来た男』(2008)『ハピネス』『黒い家』(2007)『私の生涯で最も美しい一週間』『ユア・マイ・サンシャイン』『甘い人生』『チャーミング・ガール』(2005)『最後の狼』(2004)『浮気な家族』(2003)『ロード・ムービー』『爆裂野球団!』(2002)『ワイキキ・ブラザーズ』(2001)ほか多数
    【ドラマ】 「約束の恋人」〈2012)「アクシデント・カップル」(2009)
    【ミュージカル&演劇】 「アサシン」(2012~2013) 「ラ・マンチャの男」(2012)「ウェディング・シンガー」(2009)「地下鉄1号線」(2000、1995~1996)ほか多数